Blog ブログ

糖尿病と歯の話 糖尿病連携手帳 愛知県歯科医師会・愛知県医師会 令和5年度 医療連携講演会
勉強会

糖尿病と歯の話 糖尿病連携手帳 愛知県歯科医師会・愛知県医師会 令和5年度 医療連携講演会

こんにちは、水野歯科クリニックです。

2月11日(日曜日)愛知県歯科医師会・愛知県医師会 令和5年度 医療連携講演会がありました。

〈第1部〉「糖尿病と歯の話―歯周疾患を中心に―」
講師:刈谷豊田東病院診療部
部長 大川内 幸代 先生

大川内 幸代先生は、ペンネーム馬渕まり先生として戦国診察室を出版されていて、講演は縄文人や徳川家康公など歴史と糖尿病と歯を絡めて講演してくださりました。
戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪ 単行本 – 2015/11/20 馬渕 まり (著, イラスト), 武将ジャパン (監修)

糖尿病連携手帳をお持ちの方は、歯医者に受診するときにもご持参ください。

糖尿病は深刻な問題であり、世界的にもその影響が顕著です。
2021年には、世界で5億3,700万⼈の糖尿病患者が推定されており、成⼈の10⼈に1⼈が糖尿病という計算になります。
日本でも、2016年の調査では糖尿病患者が1000万⼈、予備軍が1000万⼈で、合計2000万⼈に上ります。

また、⻭周病もまた深刻な問題であり、国⺠の多くが影響を受けています。
2016年の⻭科疾患実態調査によれば、45〜49歳では約50%、65歳〜74歳では約57%の人々が4mm以上の⻭周ポケットを有しています。

糖尿病は神経障害、網膜症、腎症などの合併症を引き起こすことがあり、⼤⾎管障害(⼼⾎管疾患、脳⾎管疾患)のリスクを増⼤させることが知られています。
しかし、それだけではありません。
糖尿病は⻭科領域の疾患にも深刻な影響を及ぼし、多くの研究で糖尿病が⻭周病の発症リスクを増⼤させ、⻭周病を悪化させることが報告されています。
また、HbA1c(⾎糖コントロールの指標)が⾼いほど⻭周病組織の悪化や⻭の喪失本数が多くなることも報告されています。

糖尿病と⻭周病はお互いに影響し合う関係にあります。
⻭周病の治療は糖尿病の⾎糖コントロールを改善し、合併症のリスクを減らすことができます。そのため、糖尿病患者には⻭周病治療が強く推奨されます。

⻭科治療における⾎糖コントロールや、糖尿病薬、1型糖尿病、2型糖尿病に分類された治療の注意点などに焦点を当て、
糖尿病の疫学、成因、合併症、最新の治療薬についても講演がありました。

水野歯科クリニック
愛知県北名古屋市西之保犬井190
0568-90-5880
院長
水野